行政書士試験攻略


行政書士試験攻略のポイントその2

前ページで行政書士試験を攻略するためには、出題範囲を絞るとお話しましたが、それは科目にもいえることです。
例えば、行政書士試験は、法令科目と一般科目全てあわせれば、全部で8科目あり、それぞれ出題数が異なります。
そこでまずは下記をご覧下さい。

法令科目(満点244点)

  • 行政法:92点
  • 民法:76点
  • 憲法:28点
  • 地方自治法:20点
  • 会社法:16点
  • 商法:4点
  • 基礎法学:8点

一般知識(満点56点)

  • 政治・経済・社会:24点
  • 個人情報保護法及び情報関連:20点
  • 文章理解:10点
  • 全合計:300点

点数の配分はその年によって若干変更はありますが、割合はそれほど変わりません。
次に行政書士の合格基準を見て下さい。

  • 法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
  • 一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
  • 満点の60%以上である

ここまでご覧になって、勘の良い方ならわかると思いますが、 行政書士に合格するためには、全科目満遍なく点数を取るのではなく、重要な科目でどれだけ点数を取れるかです。
例えば、法令科目を見てみると、行政法と民法で、 7割近くを占めており、法令科目の合格基準が50%となっています。
つまり、法令科目は、行政法と民法を攻略しなければ合格できないと言うことなのです。
しかし、だからといって、行政法と民法だけを学習すれば良いわけではありません。

何故なら、どちらの科目も超難解な問題が1問や2問出題され、満点を取る事はできないからです。
特に民法に関しては、出題範囲があまりにも広く、全てを学習しきれないので、 5~6割くらい取れれば上出来だと考えるべきです。
ですから、行政法と民法で足りない部分を他の科目で補うのです。
しかし、それでも法令科目の学習は、行政法と民法が中心であることに変わりません。

行政書士試験を攻略するためには、このように考えていくのです。
つまり、力を入れる科目とそうでない科目をしっかりと見極めることが必要だということです。
必ずここで説明した考えを持って試験勉強に取り組んで下さい。