行政書士試験攻略


行政書士試験攻略のポイント

まず、行政書士の難易度が高い理由に出題範囲が広い事にあります。
しかし、いくら出題範囲が広いといっても、全ての出題範囲から出題されるわけではありません。
必ず毎年出題されるポイントがあります。
つまり、行政書士試験攻略の第一のポイントは、出題範囲を絞ると言う事なのです。
そして、その出題範囲を絞るためには

  • 過去問を分析する
  • 通信などの教育機関を受講する

しかありません。

まず、過去問を分析するということは、本試験の問題を過去問と類似している部分が多いので、しっかりと分析すれば、出題傾向、出題レベル、出題ポイントがわかるようになるわけです。
ですから、行政書士試験勉強の王道は過去問と言われるわけです。

しかし、そのためには過去10年くらいの膨大な数の問題を分析しなければいけません。
それを知識や時間がない方がおこなうためには、かなりの時間が必要になります。
その結果、ほとんどの方が挫折していくのです、そこで、便利なのが教育機関を受講する事です。

教育機関では、予め出題範囲を絞った教材が用意されているので、わざわざ自分で過去問を分析する必要はなくなります。
そのため、教育機関を受講すれば、独学の何分の一の時間で、行政書士に合格できるようになるのです。
もちろん、それでも膨大な知識量を覚えなくてはいけません。

しかし、それでも行政書士に挫折する一番のポイントである勉強時間が多くなるということを克服できるのです。
後は、あなた自身が時間を使うか、お金を使うかということの考え次第です。