行政書士試験の教材


市販教材の真実とは?

行政書士試験を通信講座で勉強する方は別ですが、独学で勉強される方は市販の教材を利用することになります。
そして多くの方は、どの教材を使えば合格できるのか?
知りたいと思います。
しかし、予め言っておきたいのは、どの教材を使おうが一つの教材だけで合格することは非常に困難なのです。

何故なら、どの教材も予備校や通信講座を受講してもらうための、宣伝媒体に過ぎないからです。
よく考えて見て下さい。
市販されている教材を発行している予備校は、予備校に通学してもらうことで収益を上げています。

もし仮に市販の教材だけで多くの方が合格してしまえば、学校経営が出来ず倒産してしまいます。
そんなことを彼らがするわけがありません。
ですから、教材に書かれている内容は、基礎的な知識ばかりで、合格に必要な量に達していません。
というよりも決められたページ数・スペースに全て書ききれないのです。

100歩譲って仮に書かれているとしても、それだけでは合格が難しいとわかっているので、教材を発行するのです。
しかし、誤解しないでほしいのは、何も予備校がいけないと言っているわけではありません。

彼らは事前事業でやっているわけではなく、あくまでも商売をしているのです。
そんな中で、わずか数千円の教材で合格しようとすること事態考えが甘いとも言えます。

ただ、このサイトでは独学をおすすめしていませんが、それでも独学を選ぶ方がいるので、そうした方はどのような教材を選べば良いのか次の機会でお話していきます。