行政書士通信講座攻略の必要な条件とは?


行政書士の通信講座の選び方!

私が通信講座を受講して、これは必要だと思ったポイントを下記にまとめました。
これからお話するポイント以上の通信講座を選んでも構いませんが、それ以下の通信講座を受講しないで下さい。
確実に失敗します。

講義がついている

中には講義が付いていない通信講座があります。

私が1度目の通信講座で合格出来なかったのは、講義が聴けなかったからです。
どんなに良いテキストだったとしても、講義が付いていなければ意味がないので、通信講座を選ぶ場合、最低限必要なのは講義です。

通信教育専用に撮影している

私が受講した通信講座は、しっかりと通信講座専用に撮影していて、しかもハイビジョン撮影していたので、映像に迫力があり、学習効果が高いものでした。
しかし、中には予備校の講義をそのまま撮影しているものがあり、それだと実際に講義を聴いている感じにならないので、勉強を理解していくのが難しくなります。
これは実際に長時間見ないとわからないと思いますが、教室での講義は天井からカメラをつるして撮影していて、講師と距離感があり目線も合いません。
ですから、見ていても眠くなったりもしてきます。

インターネットで学習できるシステムが付いているか

インターネット学習システムのことをE-ランニングといいますが、この機能は本当に便利です。
どんなに良い通信講座でも長い間勉強を続けていけば、途中で飽きてきます。
しかし、私が受講していた通信講座のE-ランニングは、対戦形式のゲーム感覚で知識を学べるようになっていて、勉強しいているというよりも遊んでいる感覚です。

そのため、勉強に飽きてきてもE-ランニングがあれば、挫折しないで続けられるのです。
また、カリキュラムも組めるようになっていて、今どの科目どの項目をどれくらい勉強しなくてはいけないのかも教えてくるようになっていました。
ただ、資格系の通信講座でE-ランニングを採用しているとことはほとんどありません。

テキストはフルカラーで図表化されている

私が受講していた通信講座は、図表化しながら法律の説明をしてくれ、しかもフルカラーになっていたので、記憶にも残りやすいテキストでした。
ただ、残念なことに多くの通信講座や予備校は、ほとんど白黒のテキストです。
まぁ、フルカラーは印刷料金が高いので、採用しにくいのでしょう!

質問に対応してくれる

私の受講していた通信講座は講義が分かりやすかったので、1度しか質問しませんでしたが、あるとないとでは精神的な余裕が違ってきます。