行政書士試験の真実


現在の行政書士試験って?

すでにご存知の方もいると思いますが、現在の行政書士試験は、非常に難易度が高くなっております。
現在の行政書士試験の難易度は別のページで解説していますが、一昔前の行政書士試験だと感じていれば、とても合格出来ません。
行政書士試験は、司法書士や司法試験の予備試験的な感じで受験する人が多いのですが、そうした人達でも普通に落ちています。

現に私の知り合いの司法書士は、行政書士試験に3度受験して不合格になっている方もいます。
そのくらい今の行政書士試験は難易度が高くなっているのです。
つまり、何が言いたいのかというと、軽い気持ちで試験に臨んでも合格できない試験だと言うことです。
しっかりとプロの講師に指導を受けたり、毎日学習したりして、 試験対策をしなければいけないのです。

少なくてもお金を使いたくないから、独学で勉強するとか、市販の教材だけを勉強してれば合格できるとか軽い気持ちで勉強しても合格は出来ません。
これが一昔前なら、合格率が20%くらいあった時期もあり、暗記さえしていれば合格できる試験でしたが、今の行政書士試験は思考力が問われるのです。
ですから、このサイトに訪れた方で、 時間やお金を使わず、リスクなく簡単に合格できると思っているのなら、行政書士試験は諦めた方が良いと思います。
厳しい言い方ですが、それが現実です。