行政書士の難易度や合格率の真実


行政書士の難易度と合格率

私が感じた行政書士の難易度をお話する前に、客観的な行政書士の難易度を紹介いたします。

まずは、合格率を見てみましょう!

平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%
平成26年度 8.27%

一般的にこの行政書士の合格率を見たら、難易度が高い試験だと感じると思います。
特に平成17年度は、わずか2%の合格でした。

2%というと司法書士並みの合格率です。
では、私が行政書士の試験を受けてみて感じた難易度ですが、はっきりいって難しかったです。
特に法律の知識がない方ですと、なお更そう感じると思います。

しかし、合格率ほど難易度が高いかというと、そんなことはありません。
知識のない初級者でも十分に合格できるレベルの試験です。

現に私がそうでしたから。
行政書士の合格率が低いのは、レベルの低い受験者が多いからでしょう!
以前ある行政書士の講師から聴いた話だと、しっかりとした試験対策をしている受験者は全体の3割いれば良いほうだと言っていました。

その数字が正しいか正しくないか別にしても、今まで法律に触れた事のない方でも合格しているので、誰でも合格出来る可能性ある試験だと言えます。
しかし、勘違いしないでほしいのは決して簡単ではありません。
私の場合、無駄な勉強を2年して合格までに時間がかかりましたが、少なくても1年近くはしっかりと勉強する覚悟が必要です。
もしあなたが行政書士の試験に合格する自信がなければ、独学ではなく通信講座を受講して下さい。

私もそうでしたが、独学で勉強を続けていても合格できなかったと思います。
というよりも挫折していたでしょう!
あまり、通信講座や予備校をおすすめることはしたくありませんが、現実は受講しないと厳しいと思います。
とにかく行政書士は、しっかりと勉強すれば合格できる試験ですが、簡単な試験ではないと覚えておいて下さい。